免疫療法関連情報

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

花粉症などのアレルギー疾患は衛生仮説で説明可能

 

衛生仮説をご存知でしょうか。
 
1989年にイギリスのストラッチャン博士によって提唱されたもので、「清潔にしすぎると、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患が増える」というものです。
 
実際に、発展途上国よりも先進国の方が、農村部よりも都市部の方が、アレルギー罹患率が高いのです。
 
また、幼い頃に家畜やペットと触れ合うと将来アレルギー疾患を発症する確率が低くなることが明らかになっています。
 
この調査結果から、生活環境因子とアレルギー疾患とが密接に関わっていることを示しています。
 
清潔にしすぎるとアレルギー疾患を招くとする衛生仮説が科学的に証明されつつあります。

 

 

旧西ドイツと東ドイツの例

 
もう一つ、ヨーロッパで行われた疫学研究をご紹介します。
 
ドイツは、西と東に分断されていましたが、旧西ドイツは旧東ドイツに比べて花粉症などのアレルギー疾患が有意に多いことが報告されています。
 
旧東ドイツの方が、衛生環境が悪く寄生虫感染が原因とみられる抗体保有の値が高かったとの報告があります。
 
このことは、後ほど説明するヘルパーT細胞のTh1とTh2の相互抑制作用の働きから説明がつきます。
 

 

アレルギー疾患のしくみ

 

アレルギー疾患とは、体内でアレルゲン(花粉やダニ、ハウスダストなどの抗原のこと)に反応し、ヘルパーT細胞のサイトカインを通して指令を出して、B細胞が作る抗体の一種であるIgEが気管や消化管にあるマスト細胞の受容体に結合します。
次にマスト細胞とアレルゲンとが結合してヒスタミンなどのアレルギー反応物質が分泌されて起こる免疫反応の一つです。
 

Th1が活発であればアレルギーのTh2は抑制

 

ヘルパーT細胞にはTh1とTh2の2種類が存在していますが、この2種類はお互いに抑制的な関係にあります。つまり、一方の働きが強くなると片方の働きが弱くなります。
 
そして、この2種には守備範囲があり、Th1は主として細菌感染症に対応するサイトカインを産出し、Th2は主にアレルゲンに対応するサイトカインを産出します。
 
Th1とTh2はお互いに抑制的な関係にあると述べましたが、細菌感染症に罹患するとTh1が活発に活動するため、Th2の守備範囲であるアレルギーの発症は抑えられることになります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

花粉症、注射による免疫療法(減感作療法)
花粉症の新薬舌下免疫療法薬「シダトレン」が厚生労働省の製造販売承認を受け健康保険の適用されることになりました。花粉症の注射による免疫療法(減感作療法)
様々なアレルギー疾患に免疫療法 ダニも保険適用
花粉症の舌下免疫療法が認可された事をかわきりに今後様々なアレルギー疾患に免疫療法が適用されることになるでしょう。ダニアレルギーにも健康保険が適用されることになりました
花粉症 体の性質を変え軽く楽に 悪化させない東洋的方法
本人にしかわからない辛い花粉症、現代医学ではまだ解明されていない過剰に働く免疫作用。東洋医学の考え方に基づいた体の性質を変えて花粉症を軽く楽にする
痛みの無い星状神経節ブロック注射
星状神経節ブロック注射は副作用の少ない傷みの無い治療です。花粉症や上半身慢性的な疾患に効果あり、健康保険も適用となります
花粉症の予防改善は栄養バランス
予防法や改善法は様々ですが基本は生活習慣を規則正しくすること、そして栄養のバランスの取れた食習慣を続けること、最後に花粉を遮断し花粉に近づかないことが大切です
食べて改善させる子どもの食物アレルギー最新治療
食物アレルギー治療の「食物経口負荷試験」は、2008年までに通院、入院ともに健康保険が適用されました
花粉症に反応する果物アレルギー「OAS」
花粉症に反応する果物アレルギー「OAS」は果物やトマトなどの野菜を食べた時に口の中に痒みを生じアレルギー症状が起こります
花粉症発症の原因になっている生活環境
花粉症発症の原因として考えられる生活環境は、住居の建材やダニ、ストレス社会、舗装されたアスファルト、空気中の排ガスなどが考えられます