花粉症情報館

このエントリーをはてなブックマークに追加   

日本の花粉症の歴史

1935年と1939年

 

1930年代に2回にわたり空気中の花粉の飛散量の調査が実施され、その結果飛散量は少なくないが、アレルゲンとなる花粉の量は少ないと結論付けられました。

 

1945年以前

 

1980年代に実施されたアレルギーの治療経験が長い65歳以上の耳鼻咽喉科医師へのアンケート調査により、患者が花粉症の症状を呈していた時期が1945年以前であったとの回答も僅かながら報告されました。

 

1948年

 

アメリカ進駐軍の軍医により、花粉の飛散状況の調査が行われ、日本ではブタクサやイネ科の植物はアレルゲンとして重要ではないと結論付けられた。
 
この調査報告により、日本の花粉症への研究が遅れたとも云われています。 1960年 日本で初めて花粉症の報告は、荒木英斉医師によるブタクサ花粉症です。
 
荒木医師は、人へのアレルギー症状を調べるため、ブタクサの花粉エキスを抽出して、患者の皮内反応を調べ、ブタクサによる花粉症を報告しました。

 

1960年代

 
この年代に花粉症が正式に認識されました。
花粉症の原因となる植物はブタクサ、カモガヤ、スギ、ヨモギなどでした。

 

 

1963年

 
医師の斎藤洋三は、鼻や目にアレルギー症状を呈する患者を多く診察し花粉症だと認識しました。
 
1960年後半からおよそ10年は帰化植物であるブタクサによる花粉症が多く報告されました。

 

1964年

 
杉田医師、降矢医師によるカモガヤ花粉症の報告されました。 また、堀口申作医師、斎藤洋三医師によるスギ花粉症の報告がされました。

 

1965年

 
寺尾医師、信太医師によるイネ科の花粉症の報告 佐藤医師によるイタリアンライグラスの花粉による花粉症の報告がされました。

 

 

1967年

 
我妻医師によるヨモギ花粉症の報告がされました。

 

1970年代中頃

 
スギ花粉の飛散が確認され報告されました。
 
戦後の経済成長に伴った住宅の新築需要の高まりで植林されたスギが成長したため、スギ花粉が飛散し、スギ花粉症の患者が急増しました。

 

1976年

 
第1回目のスギ花粉の大飛散が確認されました。

 

 

 

1979年、1982年

 

この両年にもスギ花粉の大量飛散があり、多くの患者が発症して花粉症として認知されました。
 
以降、数年おきにスギ花粉の大飛散があり、近年では国民の4人に1人、約3000万人が花粉症でその8割がスギ花粉症と云われています。

 

 

2000年

 

日本アレルギー学会で標準化された抗原が含まれるスギ花粉の抗原エキスが完成しました。

 

2003年

 

こまでに報告されている花粉症の抗原は、61種類。

 

2010年

 

厚生省の研究成果によると、スギ花粉症に 対する減感作療法で軽症、無症状に収まった患者さんが80%以上おり、そ の高い効果が確認されました。
 
また、減感作療法を2年間以上続けた後にやめた場合でも、 約70%の患者さんで効果が持続することも確認されています。

 

 

スギ花粉症は日本特有

 

世界を見渡しても、日本のスギ花粉症は特殊です。

 

ヨーロッパでは、牧草を刈り取ってサイロに入れる作業員の間で、鼻水や鼻づまり、目のかゆみ、微熱などが続く症状が相次ぎ「枯れ草熱」と呼ばれていました。

 

日本の明治維新の頃、イギリスでは、医師が植物の花粉が原因のアレルギー症状であることを突き止め、雑草による花粉症と命名されました。

 

このようにヨーロッパなどの諸外国では主に雑草などの植物の花粉がアレルゲンで、現在でも別称で枯れ草と云われています。

 

 

日本国土の1割を超える面積をスギの森林が占める

 

日本の花粉症患者は3000万人とも云われていますが、その大半はスギ花粉症です。

 

諸外国には殆どないスギ花粉症の患者が大半ですが、その原因は戦後の経済成長に伴って、住宅建設の需要が急増したため、大規模なスギの植林が行われました。

 

2012年3月末時点で、日本国土の1割を超える面450万ヘクタールがスギの森林で占められています。

 

スギは、樹齢30年程度で花粉を飛散するようになります。

 

現在、1960年頃以降に植林され、樹齢30年を超えるスギが全体の90%になり、年々増えていることがスギ花粉の飛散量が増加している原因にもなっています。

 

但し、北海道と沖縄はスギの植林が行われなかったので、スギ花粉の飛散がなく花粉症患者は少なく、植林が多かった関東や甲信越に患者が多い傾向にあります。

 

 

 

 

スギの成長は2050年位まで続き、その後ピークアウト

 

最近では、安価な輸入材に押され伐採が進んでいません。また鉄筋コンクリートなどの建設資材に押されて、伐採の規模は年々縮小しています。

 

林野庁では、花粉がほとんど飛散しないスギを開発し、植林が始まっていますが、一気に変えることは不可能で苗木全体の一割程度にとどまっています。今後、この割合を増やしていく計画です。

 

遺伝子組み換え技術により、花粉を飛散しないスギの開発に成功していますが、生態系に与える影響などを検証する必要があるため植林されるまでには、更に時間がかかるようです

 

スギの植林は既に中止されていますが、専門家の研究によれば、スギの成長は2050年位まで続き、花粉の飛散もその頃からピークアウトすると推測しています。

 

2050年頃までは、花粉の飛散が増える傾向にあることになります。
更に2100年頃になるとスギが無くなり、スギ花粉の飛散も無くなるようです。

 

 

 

世界の花粉症の歴史と分布

紀元前500年ごろ

 
 ヒポクラテスの著書に季節と風に関係した風土病の記述があり、現在の花粉症の可能性も考えられます。

紀元前130年- 200年

 
 ローマ帝国時代の医師ガレヌス(紀元前130年- 200年)も花粉症らしい疾患について述べております。

 

 

紀元前100年ごろ

 
中国の書物にも春になると鼻水および鼻詰まりがよくあるとの記述があります。

1819年

 
 イギリスの医師であるジョン・ボストックにより、鼻水、鼻づまりなどの花粉症の症状について、原因が牧草の干し草が原因と考えられるとの報告がされています。

1831年

 
 同じくイギリスのエリオットソンにより、牧草の干し草に関連する症状は、花粉が原因であると推定されました。

 

 

1872年

 
北アメリカでブタクサが枯草熱(Hay fever) の原因であるという報告がなされました。イネ科の牧草 の事を「Hay」といいますので、ブタクサはHay ではありませんが、当時すでにHay fever という名称は定着していたようです。

1873年

 
イギリスのバークレイは、皮膚試験などの花粉症検査を行ってイネ科の花粉症を実証しました。「枯草熱あるいは枯草喘息の病因の実験的研究」を発表し、枯草熱と呼ばれていた症状が花粉症と呼ばれるようになりました。

 

 

世界の花粉症抗原の分布

 
 世界の花粉症のアレルゲンの分布では、ヨーロッパはイネ科の植物、アメリカではブタクサが多く、日本ではスギがダントツで、世界の3大花粉症と云われています。
 
 ヨーロッパでは、イギリスは主にイネ科の花粉症患者が多く人口の約2割程度が発症しているようです。
 
 北海道に多いシラカバは、ノルウェーやフィンランドなどの北欧やカナダに多くカバノキ科の花粉症と云われています。
 
 アメリカでは、雑草の花粉症が多く、中でもブタクサの花粉症患者が多い云われてていますが、国土が広大であるため、雑草に限らず様々な植物がアレルゲンになっているようです。
 
 世界的にみても後進国に比べ先進工業国の方が相対的にアレルギー患者が多く化学物質などとの関連性も指摘する医師もいるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

花粉症の対症療法と完治を目指す舌下免疫療法
花粉症の新薬舌下免疫療法薬「シダトレン」はこれまでの花粉症の対症療法ではなく、完治を目指す治療法です
花粉が大量飛散する気象条件を知っておきましょう
花粉症の新薬舌下免疫療法薬「シダトレン」が厚生労働省の製造販売承認を受け健康保険の適用されることになりました。花粉が大量飛散する気象条件などを知っておきましょう