スギ花粉症 舌下免疫療法の改善率は約8割

このエントリーをはてなブックマークに追加   

花粉症の対症療法記事一覧

重度の花粉症にはレーザー治療とコブレーター治療

花粉症の診断と治療(手術)病院での検査(風邪と花粉症の判別) 花粉症を突然発症した場合は、問診だけでは判断できないため鼻の粘膜を内視鏡で拡大してみると、花粉がついたところが点状に腫れ上がっているので花粉症と判断されます。  花粉は、スギ花粉の量多いと全ての粘膜にアレルギー反応を起こすため、目のかゆみ...

≫続きを読む

花粉症対策はいつから|飛散の2、3週間前から薬を服用

花粉飛散の2、3週間前から薬を服用しましょう日本人の4人に1人といわれている花粉症はスギやひのきが多く植林されている地域ほど患者数が多く地域差があります。例えば沖縄ではスギの木が植林されていないため花粉症の人は、ほとんどいません。また、北海道は白樺による花粉症がありますが患者数はスギ花粉症のようには...

≫続きを読む

花粉症は薬で完治するの?|即効性の高い市販薬も

10月から、完治が期待されるスギ花粉症舌下免疫療法が開始花粉症の患者が年々増加傾向にあり、国内では3000万人が花粉症を発症しているというデータがあります。医師の間では、これまでの薬による対処療法、注射による免疫療法には限界を感じ、増え続ける患者に危機感を募らせていました。1月に厚生労働省の製造販売...

≫続きを読む

花粉症 ステロイド注射は副作用が強い

花粉症 ステロイド注射は副作用が強いインターネットでも「花粉症は一本の注射で治る」といった触れ込みでステロイド(副腎皮質ホルモン)注射を推奨しているクリニックや医師がいます。しかし、ステロイド注射は、強い副作用がありますので、避けた方が無難です。別名、筋肉注射や一発注射療法などと呼ばれていますが、そ...

≫続きを読む

ザイザルは一日一回服用眠気が少ない抗ヒスタミン薬

眠気が少ない抗ヒスタミン薬ザイザルとはザイザルは世界93ヵ国で承認されている2010年10月に国内では8年ぶりに抗ヒスタミン薬として、ドイツの製薬会社グラクソがザイザイルの製造承認を取得しました。ザイザルは、日本で製造認可される直前までに世界93ヵ国でアレルギー性鼻炎および慢性特発性蕁麻疹の適応症に...

≫続きを読む