スギ花粉症「舌下免疫療法」辞典

このエントリーをはてなブックマークに追加   

花粉症皮膚炎 スキンケア

 

花粉症皮膚炎にはスキンケアで予防改善 
 
花粉が飛散する春は空気が乾燥しています。お肌の乾燥が原因の肌荒れや湿疹による皮膚炎がいったん悪化すると花粉症皮膚炎を発症します。
 
花粉性皮膚炎の特徴は、じんましんの様な浮腫性紅斑が初発疹としてあらわれ、その赤みは強く境界が鮮明です。特に男性よりも若い女性に多い傾向があります。
 
春先や秋に顔が赤くなる皮膚炎には化粧や洗剤、毛染めなどによるアレルギー性接触皮膚炎以外に花粉による皮膚炎の可能性があることを知っておきましょう。

 

アトピー性皮膚炎のある方の場合はスギ花粉がアトピー性皮膚炎の悪化させる原因として作用する場合がありますのでスキンケアをしましょう。
 
アトピー性皮膚炎がスギ花粉の飛散時期に悪化した時はスギ花粉以外の悪化要因を除去することも重要になります。
 
スギ花粉による皮膚炎の発症はマスト細胞から放出される化学物質のロイコトリエンによるスギ花粉特異的IgE抗体を介した遅発型反応であると考えられており症状が長期化する傾向があります。
 
すぐには症状は出ませんが一度発症すると長引く可能性が高いので発症しないように早めにスキンケアをしましょう。
 

アレルギー症状を起こす仕組み

 

肌荒れや湿疹などの皮膚炎を起こしているとスギ花粉などのアレルゲン(抗原)や細菌などの異物が皮膚へ侵入します。

 

害のない異物への攻撃を制御するTレグ細胞が働かない

 

免疫細胞は異物に対して次々に攻撃指令を出しますが免疫細胞の攻撃力が高まってくると体に害のないアレルゲン対する攻撃を制御するTレグ細胞(制御性T細胞)が働かなくなってアレルギー症状を引き起こすことがわかっています。
 
体に害のない異物に攻撃をしないように免疫細胞の働きを抑えるTレグ細胞は主に腸で作られます。
 
しかし、皮膚から入った異物に対してはTレグ細胞がつくられないためコントロールが効かなくなってアレルギー疾患を発症します。

 

 

花粉症皮膚炎の症状

 

花粉症の皮膚炎の症状にはかゆみやなどでイライラ感が増幅する 

 

スギ花粉皮膚炎について

 

スギ花粉の飛散時期に目の回りがカサカサしたり化粧のノリが悪いと感じる方がいます。

 

花粉の影響で皮膚が赤く腫れぼったくなって、かゆみを伴います。また花粉が耳の穴の中に入ると耳の奥が痒くなり指が届かないためイライラ感も増幅します。

 

花粉が皮膚に付着して皮膚内部に侵入すること起こるでアレルギー症状です。

 

特に顔や首回りなどの外気にさらされている部位に症状があらわれ易いと言えます。

 

スギ花粉の飛散する時期になると皮膚炎の患者が増えるため「スギ花粉皮膚炎」と言われております。

 

元々アトピー性皮膚炎や乾燥肌の人はスギ花粉の影響で症状が更に悪化する場合があります。

 

この場合はスギ花粉が付着した部位だけでなく増悪因子として働くため全身に症状が出ることもあります。

 

皮膚炎による症状のまとめ

 
花粉が付着すると花粉症皮膚炎になります。かきむしるとさらに悪化して皮膚のバリアー機能が正常に働かなくなります。
 
◎かゆみ
 
◎カサカサ
 
◎赤く腫れる
 
◎チクチクする
 
◎痛みを感じる
 
この様な皮膚の状態に花に働かなければ皮膚から花粉などのアレルゲンが侵入してアレルギー症状を発症します。
 
健康な皮膚では皮膚バリアーが正常に働きアレルゲンや細菌などの異物が侵入しないようにブロックしてくれますのでお肌の弱い方はスキンケアをしましょう。

 

 

 

皮膚バリアーを守る洗い方とスキンケア

 

皮膚のバリアを守る花粉症のスキンケア 

 

スギ花粉などのアレルゲンに接触しないことが一番の予防と言えますが、それは現実的ではありません。
 
特に下着や服など肌に着けるものは室内干しにて極力アレルゲンとの接触を減らすように注意しましょう。
 
花粉症のアレルゲンは皮膚の角質層を通過できないので、スキンケアによってバリア機能を維持することが予防のポイントになっています。
 
皮膚への過度な洗浄や摩擦をさけて化粧やシャンプー、リンスなど皮膚バリアを障害する洗浄剤の使用を少なくしましょう。

 

女性の肌荒れは男性の12倍といわれていますので体の洗浄には十分な注意が必要です。特に花粉の飛散時期には次の事に注意してスキンケアをしましょう。
 
◎体をごしごし洗うことはやめましょう。
 
◎人の皮膚は水で流すだけで汚れが落ちます。
 
◎首や脇、股だけに石鹸を付けて洗い流しましょう。
 
◎汚れは意外にも簡単に落ちるのです。

 

女性のメイク落としも軽く洗い流しましょう

 

◎メイク落としで洗いすぎると皮脂を取りすぎて肌荒れの原因になります。
 
◎すすぎすぎもお肌に良くありません。
 
◎化粧落としのクレンジングは3回程度の洗顔でやめましょう。
 
◎ぬるま湯を使いヌルヌル感が残る感じのところでやめましょう。
 
◎次に洗顔でもやさしく3回程度でやめましょう。
 
◎皮膚のバリアー機能を残すことがポイントです。

 

 

皮膚の炎症の改善法と対策

 

アトピー性皮膚炎ではない方も皮膚炎のみ起こり鼻詰まりや目のかゆみが起こらない方もいます。

 

花粉症の症状は人それぞれで異なりますのでスギ花粉の飛散時期に何らかの不定愁訴を感じている方は一度、皮膚科でIgE抗体テストを受けることをお勧めします。

 

対策としては花粉を肌に付着させない事が大切ですので外出する時は首回りにはマフラーやスカーフをしましょう。

 

生地はサラッとしたものを選び表面に花粉がついても簡単に落とせるものが良いです。また、帰宅したら玄関外で叩いて花粉を落としましょう。

 

症状が重度の場合や長引く場合は病院で抗アレルギー剤や保湿剤やステロイド剤の塗り薬を処方してもらいましょう。

 

生活習慣を規則正しく、栄養のバランスを考えましょう

 

花粉症は、免疫系の疾患ですので、規則正しい生活習慣を守り、食事は栄養のバランスに気をつけることで発症を予防や症状を改善することができます。

 

石鹸を泡立て、優しく洗いましょう

 

石鹸を泡立ててスキンケア

 

皮膚に症状が出ている時は肌に優しい無添加の石鹸を使ってタオルやスポンジで擦らずに石鹸を洗面器などで泡立てて手のひらに取って素手で泡を転がすように洗いましょう。

 

皮膚の表面についた花粉や油、ホコリ等も落とすことができます。

 

特に強く擦ると炎症が悪化して更にひどい状態となる事がありますので注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

スポンサードリンク

 

関連ページ

花粉症 目のかゆみや頭痛のメカニズムと対処法改善法
花粉症の症状にはイライラする目のかゆみや辛い頭痛があります。頭痛の原因も一つではありませんので、そのメカニズムを知り、改善法や対処法を知っておきましょう
花粉症 のどや胃腸の症状と吐き気や下痢のメカニズム
花粉症の症状にはのどのかゆみや痛み、胃の不快感、吐き気や下痢など様々です。一次症状から二次症状を発症します。症状を見極めて早めに対処することが大切です