花粉症対策グッズ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

花粉、PM2.5、インフルエンザ予防には高機能マスク「N95」

 

花粉症には高機能のマスクが有効

 

高機能マスク「N95」とは?

 

花粉、中国から飛来する大気汚染物質の微小粒子状物質PM2.5、そしてインフルエンザウイルスと毎年多くの有害物質に悩まされそうです。

 

マスクを着用するなら全てに効果のあるマスクをすることをお勧めします。

 

高機能マスク「N95」タイプのマスクを着用しておけば、花粉やPM2.5をブロックし、かつインフルエンザウイルスに対してもブロック、捕捉します。

 

インフルエンザウイルスの飛沫だけではなくウイルスそのものを特殊な物質で吸着させて、すぐにウイルスを死滅させるマスクもあります。

 

「N95」の数字の95は、0.1〜0.3μmの微粒子を95%以上除去できる性能もっている高機能のサージカルマスクです。

 

一般に最も流通している高機能「N95タイプ基準」のマスクであれば大丈夫です。

今年は、マスクの需要が急増したため品薄状態になっています。

 

国内の消費量が前年比で約3倍の約24億枚と言われています。

 

マスクは顔に密着させましょう

 

高機能マスク「N95」を着用していても、鼻柱と頬の部分の隙間から入ってきますので、顔の凹凸に合わせてマスクを変形させてピッタリ装着しましょう。

 

また、マスクを外す時は、マスクの内側を手で触ったり、他の物が触れないように二つ織りにするなど注意しましょう。

 

マスクの外側には既に花粉やPM2.5、インフルエンザウイルスが付着している可能性がありますので、

 

マスクの内側に付けてしまっては何のためのマスクかわかりませんね。くれぐれもご注意ください。

 
完治を目指す「舌下免疫療法」とは、

 

 

マスクは花粉を7〜8割遮断します。

花粉症のマスク対策では7から8割の遮断効果が報告されている

 

 

「花粉症対策にはマスクが絶対的に有効です!!」

 

花粉を吸い込むことで体内に抗体が出来ます。抗体が出来ると次に花粉を吸い込んだときに結合してヒスタミンを生成し花粉症の症状が生じますので、

 

まず花粉症の原因となる花粉を元から絶つことが一番重要なことです。

 

マスクを着用していればマスクをしない場合に比較して花粉を7割から8割以上削減することができます。

 

花粉症対策マスクにより花粉症を発症しにくく、また花粉症の方には症状の悪化を予防する効果があります。

 

マスクも比較的呼吸が楽な立体マスクも普及しています。

 

この時期はインフルエンザも流行していますので、マスクをしておけば花粉の遮断やインフルエンザの感染予防と一挙両得と言えます。

 

花粉症対策マスクは自分で簡単に出来る花粉症対策ですが、花粉症対策マスクで完全に防御できるわけではありませんので、外出先から戻ったときなど不用意に家に入らず、玄関の外で服や頭についた花粉を払い落とし、その後うがいや洗顔を心がけましょう。

 

自分で防御できることは万全をつくした上で花粉症の時期を乗り越えていきましょう。

 

現代病でもある花粉症、体質や生活環境にも影響があります。

 

アルコールや香辛料、タバコなども花粉症の原因となります。

 

栄養や休養、そして適度な運動を心がけるようにして規則正しい生活をしましよう。

 

 

マスクは不織布とガーゼどちらが効果大でしょうか

 

花粉症マスクは不織布がおすすめ

毎年2月の中旬あたりから、街中や通勤電車の中でマスクを付けている人が目立ち始めます。

 

社内や車中で花粉症の話題が取り上げられるケースも増えてきます。

 

そこで花粉症の対策としてマスクの効果はあるのでしょうか。

 

昔から風邪を他人にうつさないためのマスクでしたが花粉症にはどうなのでしょうか。

 

日本アレルギー学会という組織がありますが、こちらのガイドラインでも花粉症の侵入防ぐ効果があり、有効であるとしてマスクの着用を勧めています。

 

また、日本医科大学の研究調査によると花粉の飛散時期に鼻内の花粉数を調査したところ、マスク無しで1848個、通常のマスク着用で537個、花粉症用のマスクで304個という結果であったということです。 できることになります。

 

花粉症用マスクはマスク無しに比べ約85%も花粉を防御

 

花粉症にならないための一番の予防法は体内に花粉を取り込まないことといえます。

 

現在、花粉症でない人も花粉を吸い続けると花粉症になる確率が高くなりますので、マスクをして予防をした方が良いでしょう。

 

花粉症の対策としてマスクをしたほうが良いことがご理解頂けたと思いますが、花粉症対策ではどの様なマスクを選んだら良いのでしょうか。

 

マスクの素材面と形状面で見てみましょう。

 

素材面では、代表的なものにガーゼと不織布があります。

 

不織布は織ったり編んだりせずに作った繊維が不規則になっている構造から花粉を付着させブロックする構造といえます。

 

一方ガーゼタイプのマスクは肌触りが優しく呼吸しやすいというメリットがあり、選択により何回か利用できるため経済的にも良いでしょう。

 

ガーゼマスクは目の粗い綿のシートを何枚か重ねているだけなので、不織布に比べて機能面で劣ると言われてきました。 

 

最近ではガーゼマスクも多重構造になっており、不織布マスクと比べても遜色はなくなりました。

 

次に形状面からはどうでしょうか。マスクの形状は平面型と立体型があります。

 

マスクをした時に鼻やあごの部分の隙間が出来てそこから花粉が侵入して来れば効果も減少してしまいます。

 

顔の形状でどうしても隙間が出来てしまう場合には薄い当てガーゼをすることで除去率を1〜3割りも削減できるそうです。

 

最近は、マスクに針金状のものが使用されており顔の形状に確りと合わせられる様なデザインとなっております。

 

「衛生面や花粉の付着等を考慮するとマスクは使い捨てが一番である」と日本赤十字社和歌山医療センター耳鼻咽喉科の榎本雅夫部長が実験による結果を発表しております。

 

やはり花粉から常に身を遠ざけることを考えると、価格の手ごろなマスクを購入して日々使い捨てることが良いようです。

 

 

医療用マスクは花粉症以外にもインフルエンザ対策としても有効です

 

医療用のマスクはインフルエンザ予防のマスクとしても有効

花粉症の季節が近づいてきました。花粉症は日本の国民病といわれるほど多くの人が苦しめられています。

 

そこで花粉症の予防、軽減対策としてマスクは必需品といって良いでしょう。

 

花粉症は、スギやブタクサ等の植物の花粉が空気中を飛散して、鼻や目の粘膜に付着して体内の免疫システムが異常反応をして引き起こされます。       

 

原因となる花粉の入り口を防御するマスクは花粉症対策としてとても有効なグッズといえるでしょう。

 

最近では、新型インフルエンザの影響もあり、とても多くの種類のマスクが販売されています。一枚数十円の安価なものから数百円位する医療用マスクまで種類豊富です。

 

一枚数十円の安価な物でもフィルターが三層構造になっていて、粒子のカット率98%以上も遮断できる機能があります。

 

またマスクの鼻柱上部からの息漏れを防ぎ、メガネの曇りを軽減しています。       

 

これまではマスクを長時間使用していると耳の裏側が痛くなることもありましたが、肌に優しい素材も開発され快適に使用することができます。

 

医療用のマスクは、相対的に金額が高くなりますが、花粉症対策だけどなく新型インフルエンザなどの細菌も通さない構造となっているので、医療用を花粉症対策として使えば更に効果が高いでしょう。

 

花粉症対策のマスクは、一般用とは異なるため購入にあたっては上記のことに注意して購入される事をお勧めしたいです。

 

 

メントールの粒子やアロマの香りのマスクでリラックス

 

アロマやメントールが配合された花粉症用のマスク

 毎年春先の花粉症の時期なりますと街中や電車の中でマスクをしている人を多く見かけます。
 
私も毎年この時期にはマスクを手放せません。
 
 花粉症は、春先に飛散するスギなどの植物の花粉が鼻や目の粘膜に付着してアレルギー反応を起こして、鼻水やくしゃみ、喉の痛みや目の痒みを引き起こします。
 
ひどい人は一日中風を引いたような状態が続き、2〜3ヶ月くらいの期間苦しい思いをします。
 
 花粉症対策の一つとしてマスクを着用している人を見かけるようになりました。     
 
 しかし、近年では色々な種類の花粉症対策マスクが販売されているため、どれを購入したらよいのか店頭迷ったことはないでしょうか。
       

そこで実際に花粉症でもある私の実体験をもとに花粉症対策マスクについてお話したいと思います。

 

は、周囲の方がマスクをつけるようになるとそろそろ花粉症の季節だと気付かされてマスクの準備に取り掛かります。

 

私もかなり重症な花粉症ですのでマスクは症状を軽減するグッズとして欠かせません。

 

今では花粉症の対策マスクは色々な種類が販売されていますが、中でも花粉防止機能がついている使い捨てのマスクが一番売れているそうです。

 

花粉の飛散時期に一日マスクをつけていると、そのマスクにも花粉が付着してしまいますので毎日取り替えるのが私の花粉対策の一つです。

 

マスクも一日中したままだと息苦しく感じてしまいますが、メントールの粒子が入っているものやアロマの香りがするマスクもあり精神的にもリラックスできるように工夫されています。

 

マスクの他にも人気グッズとして目薬やメガネ、鼻洗浄スプレーなどがあります。       

 

また病院で薬を処方してもらったり注射をしてもらうなど色々と花粉症対策がありますがとても費用がかかってしまいます。

 

 

症状を重度にしないためにもマスクの着用をお薦めします。

 

症状を悪化させない花粉症マスクの着用

春になると老若男女マスクをした人がとても多くなります。

 

国民病とも言っても過言ではない花粉症。

 

自分は花粉症にはかからないと高をくくってるいる人でもある日突然花粉症を発症することがあるのです。

 

遺伝的な要素もあるのですが、親が花粉症でなくても子供が花粉症になるケースもありますので安心することは禁物です。       

 

鼻がグシュグシュして目が痒くて我慢にも限界があります。

 

友達なんか車の運転中に突然クシャミをしたあと、前におじいさんが歩いていて慌てて急ブレーキをかけて難を逃れたという話を聞きました。

 

仕事上どうしても車を運転しなければならない方などは特に花粉の飛来する時期には注意をしなければならないので、花粉症の正体をしっかりと理解して対処しなければなりません。

 

花粉症やインフルエンザの予防のためにマスクをされている方おられますが、

しかし風邪を引いて咳が出るようになれば周りの方にうつらないようにマスクをするのは当然のエチケットといえます。

 

花粉症は人にうつる事はないのですが、症状を重くしたくないためにマスクは必要アイテムです。

 

花粉症はスギやヒノキの春先だけではなく、秋の稲花粉もあり、年中辛い症状が出て憂鬱な方もおられるようです。

 

マスクも研究により進化しており、超立体マスクは顔にピッタリとフィットして口元に空間が出来る構造になっているうえ収縮性に富んでいて息苦しさやしゃべり難さ、口紅うつりなどが解消されています。

 

これまで鼻や口元の隙間ができていたのも解消され花粉の遮断率が格段に高くなっています。

 

 

「RSウイルス感染症」とインフルエンザ予防にマスクをしましょう

 

知っていますか「RSウイルス感染症」とは、インフルエンザウイルスの感染予防にもマスク着用を

 

花粉症の季節の前にインフルエンザの季節が近づいてきましたが、「RSウイルス感染症」って知っていますか?

 

風邪に似ている症状が数日続き、その後発熱して重症化すると「肺炎」や「気管支炎」を引き起こします。

 

感染し易い方は、生後六ヶ月未満の赤ちゃんや高齢者で免疫力が低い人が感染しています。この「RSウイルス感染症」やインフルエンザは、今年より年間通して感染者数が増えておりますので、注意が必要です。

 

「RSウイルス感染症」やインフルエンザの予防方法としては、「人ごみを避ける」「手の消毒」「マスクの着用」などがあります。

 

「マスクの着用」はまず感染の可能性が高い高齢者はもちろんですが、健常者は、「RSウイルス」やインフルエンザウイルスを持ち運ぶ可能性があります。       

 

鼻の穴や口の周り、アゴなどに「RSウイルス」やインフルエンザウイルスが付着している可能性が高いのです。健常者は免疫力が高くその症状が現れません。       

 

しかし、ウイルスを保持していますので、周りにいる方にはうつります。高齢者や子供、虚弱体質の方にうつさないようにマスクの着用をおすすめいたします。       

 

免疫が低下している高齢者や免疫力がまだ備わっていない赤ちゃんに「RSウイルス」やインフルエンザウイルスをうつさないためにも進んでマスクを着用しましょう。       

 

マスクは花粉症用のマスクで十分防御できますのでご安心下さい。

 

医者や看護師は常にマスクを着用していますが、「うつらないため」もありますが、より重視しているのは、自分の患者に対して自分が保有しているウイルスを「うつさない」ためでもあります。       

 

マスクは常に携帯しておき、混雑する通勤・通学の電車内などではマスクの着用をお勧めします。

 

マスクはいろいろな種類が発売されています。その種類は200とも言われていますが、ガーゼマスクより不織布マスクの方が繊維が細かく重なり合ってウイルスを通しませんのでお勧めです。

 

また、うがい薬や水分などを含ませたマスクもありますので、こちらもお勧めです。

 

息苦しさからマスクを外してアゴにかけている方を時々見かけますが、アゴに付いたウイルスがマスクの内側に付着し、マスクを元に戻した時に鼻からウイルスを吸ってしまうので、注意してください。

 

 

花粉症マスクが放射線の被爆予防に効果!!(東大実験で)

 

東京大学のアイソトープ総合センターの研究により、花粉症用のマスクを着用していれば、空気中に浮遊している放射性物質セシウムを殆ど吸い込まずに内部被曝を大幅に軽減出来ることがわかり、平成23年11月30日に横浜で開催された日本放射線安全管理学会学術大会で発表されました。

 

放射線物質は、埃や花粉に付着した状態で空気中を浮遊していますが、花粉症用のマスクをした実験でマスクに付着した放射線物質を調べた結果、花粉症用のマスクで放射性物質セシウムを殆ど全て吸い込まずに済んだことが確認されました。

 

マスクに付着した放射性物質の量を換算した結果、仮にマスクをしなかった場合9.3マイクロシーベルトの内部被爆に相当することがわかりました。

 

毎年2月位から流行するスギ花粉に放射性物質セシウムが付着している可能性があり、研究関係者は「除染の際も放射性物質が舞い上がる可能性がある。気になる人は、マスクを着用すれば防げる」と話しています。

 
 マスクも比較的呼吸が楽な立体マスクも普及しています。マスクをしておけば、花粉や放射線の遮断やインフルエンザの感染予防には大きな効果があることが分かっておりますが、マスクがとても息苦しい方も多いようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

関連ページ

花粉症対策メガネは花粉を95%防御
花粉症の目のかゆみには、花粉症対策メガネが有効です。実験の結果95%も防御することがわかりました。花粉症を発症していない方にもオススメ