公益財団法人日本健康スポーツ連盟 フィットネス・ウオーキング 資格認定講習会

講習会の内容

 

ウォーキングは日常生活の延長線上にある歩行運動です。
フィットネス・ウオーキングは、年齢に関係なく楽しめる最も身近な健康づくりの運動です。体に負担がかからない歩き方を習得する講習会です。
 

受講対象者

 
健康スポーツ指導者、一般の方、ウォーキングに興味のある方は誰でも参加できます。
 

講習会の時間

 
座学3時間、実技3時間で構成され1日で終了します。
 

開催場所

 
国立オリンピック記念青少年総合センター
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1

 

資格更新単位の講習会

 
健康運動指導士、健康運動実践指導者の資格更新単位を取得できます。
 
「講義:3単位(180分)、実技:3単位(180分)」
 

 

フィットネ・スウオーキングのカリキュラムをご紹介します。

 ★ウォーキングの特徴と効果

 
ウォーキングの特徴と効果 
 
○人それぞれの歩き方の特徴
○「一日に目標一万歩」とよくいわれる根拠
○ロコモティブシンドローム (運動器症候群=ロコモ)とウォーキング
○メタボ・ロコモ・認知症とウォーキング
○自分の歩き方を調べる
○「歩く」と「走る」の違い
○ウォーキングは脚にやさしい
○「歩く」スピードによる変化
○老化と筋委縮
○運動しすぎ(歩き過ぎ)に注意
○安全なウォーキングを行うために
○苦しさの程度を目安にペースを決める
○目標心拍数の決め方

○最近の運動処方の考え方
○健康づくりに必要な運動量(有酸素運動)
○1回に何分歩けばよいのか
○ウォーキングを直ちに中止すべき症状
○ウォームアップとクールダウンは絶対に必要
○ウォームアップ・ストレッチング
○クールダウン・ストレッチング クールダウン(整理体操)
○シグナル・ストレッチング
○5分間・ストレッチング
○歩くことの医療費削減効果
○歩行時間と医療費との関連
○歩行時間と医療サービスの利用について
○実技講習における確認事項
○歩行フォームのチェック
○立位姿勢・歩行フォームをチェック
○正しい立ち方のイメージ

○日常生活の膝・腰の負担軽減
○健康づくりのためのウォーキングの基本
 

 ★ウォーキングの実技指導方法の基本

 

ウォーキングの実技指導方法の基本 

 

○フォーム作りのポイント
○上半身の使い方
○下半身の使い方
○身体の使い方(体幹)
○足裏ローリング(ローリングアップ)
○坂道・階段のテクニック(上り)
○上り階段のテクニック
○坂道・階段のテクニック(下り)
○下り坂のテクニック
○下り階段のテクニック
○ウォーキングトレーニングのバリエーション
○フィットネスウォーキングの実際
○ポールを使ったウォーキング
 

 ★ウォーキング教室運営のポイント

 

ウォーキング教室運営のポイント 

 

○目的別ウォーキング
○ウォーキングにおける「適度な強度」の目安
○ウォーキングコースの設定
○ウェアやグッズの選び方
○水分補給
○ビデオの活用


TOP 講習会内容 お申込み 資格認定制度 当財団概要 当財団メインサイト